スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレメモ シングル 偽総評

大体回してみたので簡潔に感想でも述べていこうかなと思います。



【ファイヤーシスターズ軸】

http://prememo.net/decks/detail/27391

やっていることは夏色キセキの劣化。
サーチの質と量、コスト軽減は夏色よりもいいので安定感と展開は抜群だが如何せんデッキの最大値が低すぎる。
物語デッキ全般に言えることだが、このタイトルの強みは相手アプローチ封じの強さである。
だから単純な劣化にならないよう、下手に軽減キャラやサーチキャラなどのチャンプブロッカーを前に並べていくよりも、粒ぞろいのアタッカーを並べて毎ターン4パンくらいの前のめりな攻撃を行い返しをアプローチ封じで守るのが強い戦い方になりそうですね
FSは優秀なアタッカーは非常に優秀だがそれ以外は全て中途半端な性能なのでデッキコンセプト的にもすんなり入る余弦余接を入れたのが上のデッキ。


【戦場ヶ原軸】

http://prememo.net/decks/detail/25381

デッキの最大値は非常に高い。
偽STひたぎのおかげで自ターン中のサイズは非常に大きく、アタッカーも強力なものばかりなのでガンガン攻めていける。
問題は事故が起きたらどうしようもなく動きが遅い点、アプローチを行いアドバンテージを取るタイプのデッキなのでアプローチが止まったら戦いづらくなる。
PRコンビは特に強力。相手のソースを封じ、尚且つ暦のネームを持っているので宣言が打ちやすくなる。
赤ヴァルハラでコピーしたSRひたぎもしくは自身の効果を付与して相手に大きな2択を迫っていくのが基本的な戦い方になると思われます


【八九寺軸】

http://prememo.net/decks/detail/25719

大宮地区でも入賞したという今熱いデッキ
自分もST八九寺の効果が出てきたあたりからこれは化けるなと思っていたけどまさか発売から日が立たず調整もままならないであろう大会でワンツーフィニッシュしてしまうとは


プレイング:とにかくST八九寺を引け。引けば勝てる。


【撫子ちゃん軸】

http://prememo.net/decks/detail/27393

回してるとかわいすぎて死にたくなる。

サポの拒絶撫子が非常に強いから組んでみたけれどデッキの動きとしてもなかなか強そうですね
唯が緑になったそのままの動きをしている印象。
遅延してちょくちょくポイントを与えていきながら蝸牛を絡めて一気に相手を殺しにいくような動きですね





どのデッキにも言えることですが注意すべきは面白い話ですね

これ1枚で止まるデッキはかなり多いので対策は重要だといえます・・・


まぁ適当なことしか言ってないけどこの辺で。
スポンサーサイト

プレメモ 11月度環境考察

なんかめちゃくちゃ長文になってしまったっです・・・

まずは大まかに自分がプレメモで大事だと思ってる要素の説明を
これをランク付けしながら解説していきます

攻め:攻めの強さ。自ターン中のアプローチの強さについて。まぁ今から出すデッキはどれも環境クラスのデッキなのでもちろん攻めは全部強いんだけど一応。

詰め:終盤にどれだけ相手を押せるか。消耗戦になった時にどれだけキャラを送り込んでいけるか。

受け:序盤~終盤全てにおいて防御的に強いかどうか。自由登場の強さなども測る。

最大値:デッキの最大パワー。これが引き出せるかどうかはプレイヤーと運次第。

ドロー:総合的なドロー力。

初手:サーチカードなど含む、初手の安定度合。これが高いと毎試合強力な展開が可能となり、逆に低いと高い相手に序盤が押され気味になる。デッキの速さにもつながる。

天然対策:文字通り。これがないと現環境の闇であるけいおん唯に当たって頭がおかしくなって死ぬ。
けいおん唯に関しては後程。



では作品別デッキで解説を。

【ゆるゆり・ごらく部(あかり軸・グッドスタッフ等まとめ)】

攻め:A
詰め:S+
受け:A
最大値:SS
ドロー:SSS
初手:B
天然対策:B

・プレメモ暗黒時代元年あけましておめでとうございます。ここの発売時期を境にプレメモ環境で戦えるかどうかが決まっていますね(笑)
・制限を食らったソース結衣だが強さはもちろん健在。他の追随を許さないドロー力で圧倒的なアドバンテージを得る。
・基本的な戦術としては、このデッキは最大出力を出せるまでが遅いのでそれまで手札を減らさないようにチャンプブロッカーを並べていき、アタッカーの着地を待つこととなる。各種ごらく部のキャラが揃えば揃うほどデッキの火力は上がっていく。ソース結衣が引けたならばその大量に得られたアドバンテージを生かしてアッカリーンを発動したり、つかまえたを大量に発動するなどし、SR京子の効果で全キャラをアクティブにして一気に相手を詰めていきましょう。
・このように強力なデッキだが、初手があまり安定しない・ソース結衣は1枚しか入れられないなどの制約もあり、どうしようもない事故が起こることがある。
かといってソース結衣を引くために千歳を入れるとデッキの最大値が落ちたり・・・など
また、各種和服キャラが引けないとAPの値に若干不安が残ります
このような時はSR結衣を立ててDPの高いキャラを並べることで相手の攻めを遅らせるなどして対処しましょう。



【カーニバルファンタズム・翡翠琥珀】
攻め:S
詰め:B
受け:A
最大値:S
ドロー:S
初手:A+
天然対策:S

・パワーカード集団だけあって、まさに何でもこなせるオールラウンダー的立ち位置。最近大会で上位入賞しているからかよく名前を聞くし、店舗でも見かける。
・翡翠というカードでちまちまとアドバンテージを重ねていきそれを琥珀がサポートする、という趣旨のデッキ。
ちまちまとは言ったが、塵も積もれば山となる、気が付いたらハンド量がとてつもないことになってることも多い。
そのアドバンテージを生かし、SRアルクェイド、SR秋葉などのCPならではの強力キャラをほいほい投げつけていく。
・詰めの局面での殴り合いになったときもやはりSR秋葉が強力だが、リソースを使いつくしてしまい純粋な場にいるキャラ同士の勝負になって打ち負けた場合、アクティブ持ちのキャラが致命的に少ないため戦線への復帰はほぼ不可能。マジカルアンバー・自由登場キャスターなどを駆使して自分のキャラを守りぬきましょう。


【カーニバルファンタズム・路地裏同盟】

攻め:S
詰め:B
受け:SS
最大値:A
ドロー:A
初手:B+
天然対策:A

・ほとんどのデッキパーツがR以下で組まれている超安価デッキ。
・全ての指キャラが揃えば全路地裏同盟キャラに常駐20/20パンプという規格外なパワーを得、さつきのテキストにより路地裏同盟キャラのパンプも可能。
・リーズバイフェの効果も超強力。これにより普通では考えられないような攻めも可能になることがある。
攻めに参加したAPDPが50前後もあるキャラが全て受けに回る、というだけで絶望である。
ゾンビシオンというAP60リアニメイト効果を持つ最強クラスのチャンプブロッカーもいる。
またマジカルアンバーも自キャラに使いパンプに使うということも可能。
・一方ポイントが取れなくなりリーズの効果が使えなくなった詰めの段階では若干失速する。
特別これといった詰めの強さはSR秋葉、もちろんこれだけで相当強力だが、これくらいしかないのでキャラが落とされると若干きつい。
とは言っても他のCPとは違いST秋葉+トップさつきですぐに戦線復帰させることもできる。
最近はサイズが大きくなり路地裏同盟のパワーでも追いつけないことも多いけれど、やはりその辺はキャスターとまじかr(ry


【神様のメモ帳】

攻め:A
詰め:SS
受け:S
最大値:無限
ドロー:S
初手:SS
天然対策:S

・ランク書いててなんじゃこりゃと思った。無限ってなんですかコレ。
・序盤は豊富すぎるサーチカードでピカイチ、というよりもうマジキチとしか言いようのない安定さを誇る。
そして終盤はデッキ操作により「毎ターン自分の好きなカードを手札に加えられる」というなんだかよくわからない特性を持つ。
・攻めは赤コンビ、原作絵の2体のアタッカーが強力。この2体を積極的に赤アリスの効果で場に送り出し戦線投入させたいところ。
・ドローはSRくまアリスと旅行アリスを毎ターン使用していき+1ドローと旅行の前にを毎ターン繰り返すことで手札を回転させ、徐々にサポートエリアにキャラを並べていく。
・デッキが薄くなってきた頃が神メモの真の力の見せ所。デッキ回復鳴海の効果でデッキボトムにカードを戻していく。その後くまアリス+旅行アリスのループでデッキを掘り進んでいくと・・・なんと・・・先程デッキに戻したカードにたどり着いているではありませんか。
・更なるキチの領域までたどり着くとメイドメオで山5枚全て見てデッキを好きな順番に作り替える・・・→くまドロー とかいう神の技も可能。
・序盤でポイント差をつけられていると、このデッキはそれを取り返すのが若干難しいので弱点を上げるとしたらそこでしょうか。逆に序盤から動けないデッキでは神メモに勝つのは難しそう。


【とらドラ・亜美】


攻め:S
詰め:SS
受け:B
最大値:A
ドロー:B
初手:A
天然対策:B-

・大河軸も個人的にはかなりいける部類だと思うんだけど今回は割愛。みのりんはミックスで頑張れ。
・アクティブ持ちのキャラが多く、隙をついて多くのポイントを入れることが出来るデッキ。
キャラのサイズもSR4c亜美のおかげで底上げできる上、バウンステキストにより攻めと受けの優位性を一転できたりなどといろいろとデッキそのものと噛み合っていて美しい。
・隙をついてポイントを入れながら詰めの局面まで持っていくのがこのデッキの使い手の手腕が問われるところ。
終盤の詰めまで来れば攻めではチャイナコンビで相手のブロッカーを寝かせてやったり、受けでは自由登場亜美+ネコミミ亜美で同時2キャラ登場とかしてみたりでキャラの物量差で相手を押し込んでいく。
・欠点は全体的にDPが低いこと。APは高いのでほとんどのキャラを相打ちに持って行けるのだけれど相手の低コストキャラにも相打ちを取られてしまうことも多くすぐにキャラを失ってしまい、ドローも弱いので、ガス欠しないよう場持ちの良い水着亜美、5c亜美を着地させたり、恒久的に登場時手札を稼ぐカードを送り込んでいくなどして手札を稼ぎたいところです。


【けいおん・唯】

攻め:???????????
詰め:???????????
受け:D
最大値:???????????
ドロー:SS
初手:闇
天然対策:皆無

・闇のデッキ。
・けいおんという作品が誇る低コスウィニーの亜種のようなもの。低コストの唯を並べていき、ロード唯の効果で場にいる唯全てに天然を付与し、相手の高コストはドリルのテキストや、休息、妨害不可にするなどして全ての唯を実質アンブロッカブルにし5パンを通すというデッキ。
・澪をタッチして歌詞作成中、仲間だからなどの豊富な強力ドロソで手札を稼ぎ一気に展開可能。下手に対策などが出来ていなければ2手目には3体アンブロッカブルで、次のターンには5体のアンブロッカブルで殴ってきて死。
・個人的な指標だけれど天然対策がA以下のデッキはワンチャン死にます。Bはちょっと危険かも?そのかわりSのデッキにはほぼ9割勝てません。

余談だけど唯ミラーってプレメモじゃないと思う


澪軸はオワコンなのでスルー
イカ娘は絶対強いと思うんだけど回してないし相手したことないし身内も組んでないのでスルー。



【夏色キセキ・和服グッドスタッフ】
攻め:SS+
詰め:S
受け:A
最大値:S
ドロー:B-
初手:S+
天然対策:A

・攻めの強さに関してはプレメモもついにここまで来たかって感じ(?)
・今まではあまり触れられていなかった「退場しない」効果と「ターン中2パン」効果のバーゲンセール。
そのせいで、「退場しない2パン」などといったことも可能。
その上、ST夏海、アクティブドロー付与優香、ココロかさねてという自アプ2020パンプイベント類では最強クラスのコンバット、各種SRサポートコンビの存在もあり自ターン中のAPDPの値は路地裏同盟が土下座して謝るクラスである。
・完全サーチカードが2種類もあり、初手の動きも非常に安定しているのですぐに攻めにも移りやすい。幸い夏色には強力で軽いアクティブキャラが少しながら存在する。
・受けに回っても、自由登場で退場しない効果を持つ優香を出し、SR優香凜子サポコンビの効果で起こしてやれば退場しないキャラが相手の攻撃を2度受けることが出来、強固な守りを見せつけられる。
・欠点はイベントによるドローが皆無であり、キャラクターによるドローも登場時ではなく奪ポイント時であるため、ドロー全般が完全に相手依存となってしまう点である。
とは言ってもこちらのドローか相手2キャラ退場の選択を相手に迫れるので、ポイントが通らなくても場をコントロールしたという見方もできる。
しかしアプローチ不可効果に対しては無力である。優香の2ドロー付与効果先のアプローチを止められた場合手札が一気に少なくなってしまうので注意が必要です。



以上でおしまいです。ちょっといろいろ雑かもしれないし見にくいかもしれないけれど見てくれる方は参考にしてください。
最後まで見てくれた方はこんな自分用のメモでしかない長文に付き合ってくださってどうもです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。